FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索用キーワード

北海道
札幌
札幌駅
北18条駅
札幌聖ミカエル教会
北海道大学

学生寮
男子寮
国際寮
募集

Hokkaido
Sapporo
Sapporo Station
North 18 Station
Sapporo St. Michael's Church
Hokkaido University
Dormitory
Dorm
Fraternity House
International Dormitory
Application

寮生の募集

札幌聖ミカエル国際青年寮では、男子学生を募集しております。
現在、寮には日本人学生2名、中国人学生1名、韓国人学生1名、台湾人学生1名、そしてやさしい寮母さんが暮らしています。
うち台湾人学生1名は、3月中に退寮予定です。

外国人学生と一緒に暮らしてみたい日本人学生の方、また、日本人学生と交流を持ちたい外国人学生の方、応募を心よりお待ちしております。
寮の設備、月額の寮費などの詳細は、上の「入寮手続」のタグをクリックしてご覧ください。

春に退寮する寮生の送別会

2月14日に、春に退寮する寮生の送別会が、札幌駅・55ビルのサントリーズガーデンで開かれました。
2月20日に退寮したKimさん、3月半ばに退寮予定のKoさんをゲストとし、元寮生も呼んで、総勢6人(!!)で行いました。

みんなで一緒に外に飲みに行くのは、去年の4月に入寮した管理者にとっては初めてでしたが、話のネタはつきませんでした。それぞれに話を聞くと、退寮して東京で就活を始める者、台湾に戻って仕事と彼女を探す者、修士課程を修了して進路を悩んでいる者、株で金儲けを目論む者、爬虫類の歩き方の違いについて悩む者など、みんな各々の道を歩んでおられました。

しかしやはり寮という場所は、いいところですね。寮の中でも、たくさんしゃべる人とそうでない人はいますが、それなりに時間や生活空間を共有してきたので、それぞれの人に思い入れがあります。出ていく人を見送るというのは、本当にさびしいことですが、彼らには新しい世界でぜひ頑張ってほしいです。

ところで、管理者は先週の土曜、行きつけのジャズ喫茶にランチをしに行きました。そこでマスターに「今日は相棒(Kim氏)はどうしたの?」と言われてしまいました。
私はしみじみとチーズパスタの味をかみしめたのでした。

教会&寮のクリスマス会

ご無沙汰しておりました。今回は、12/25に行われた、教会のクリスマス会と、青年寮のクリスマス会のことをレポートします。

毎年青年寮では、教会のクリスマス会で何か出し物をしていますが、今年は、マルモリダンスをしました。台湾人留学生のKさんのリーダーシップのもと、12月は週一回くらいのペースでみんなで集まってダンスの練習をしました。最近みんな忙しくて、全員が集合する機会が減っていたので、久しぶりにみんなで一緒に何かをするという、寮生らしいことができたと思います。
衣装もスーツでビシッと決めて、サンタの赤い帽子もかぶり、寮母さんの最後の声出しも決まり、とてもよかったのではないでしょうか(笑)?多少は動きがアヤしいところもありましたが、寮生らしく頑張れたと思います。

そして5時からは、寮のクリスマス会がありました。寮母さんと元寮母さんがつくった、超豪華な料理の数々(もちろん毎日豪華ですが!)、種々のビール、元寮生で現教会幹部のE氏の差し入れのシャンパンなどを堪能しました。

DSC00401_convert_20111228002521.jpg


DSC00403_convert_20111228002936.jpg

ゲストとして、元寮生、元寮生のトモダチ、幼稚園の先生、子供たちなどが来てくれました。みんなでワイワイ楽しめたと思います。

最後ですが、寮生の募集を再度お知らせします。
ここ札幌聖ミカエル青年寮には現在6名の寮生が在籍中で、うち一名が卒業して来春退寮予定です。少し北大から遠いのはありますが、環境は申し分なく、毎月の寮費もリーズナブルで、今回のような楽しいイベントもあります。そして何より、おいしい料理を作ってくれ、いろいろ話を聞いてくれる寮母さんがいます。
教会付属の寮ですが、寮生の宗教については問題にしていません。実際現寮生6名全員が無宗教です。ただ、教会の方々との交流を通して、色々と学ぶことはたくさんあります。

このページを覗いてくださった男子大学生、大学院生で、私たちの寮に興味のある方は、ぜひ連絡(できれば電話で)をください。お待ちしております!

2011年10月現在

日本人学生3人
中国人学生1人
台湾人学生1人
韓国人学生1人
が在寮中です。

日本人学生、外国人学生ともに新たな入寮者をお待ちしております。


管理者
プロフィール

michaelhouse

Author:michaelhouse
ミカエル寮へようこそ!

訪問者
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。